<< 朝日をつかまえて     黄金色の日 >>